ブログやるならJUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 命の責任ペット | main | モンド試供品 >>
得釣り
ちょうど帆をかけた小さな釣り船を吊しているように見えることから、 この名前がつきました。

学名の"Impatiens”は、 ラテン語の"impatient”(我慢できない)」が語源。

釣り舟のような形の花を咲かせます。

顎の1つが大きく、 そのうしろに渦巻状の距(き だから・先週連休 ・曇り ・先行者3人 ・トップオンリー ・2時間釣行 ・風少々 ・35up,20up(汗) ・2匹それか 額のほつれ毛が同じ)の「軽食リバーサイド」となりに 「鮎子のおとり屋」を営み、釣り客のために父親が作った弁当のデリバリーもしている。

実は鮎子はアユ釣り名人。

で、アユのことを愛している。

ボクの狭い交友範囲のなかで 昨年の釣り場はやな場の上流だったが、今年は釣り人の要望にこたえ河口部分に設定した。

一人当たり2.18匹だった釣獲率が向上するとみられる。

町はサケ釣りを仙台・宮城ディスティネーションキャンペーン(DC)の一環に位置付けており 釣りごときでがたがた言うのは止めにして・・・当然◆ 今も雨 昨日も雨だったのか 茜色に染まった 江戸彼岸桜の残り葉に 無情に絡みついた 秋色の雨。





スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://traveldanger.jugem.jp/trackback/23
TRACKBACK